リバーサイド翁のジョグノート

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 第13回群馬サイクルミーティング | トップページ | 神流マウンテンラン全コース試走 »

神流マウンテンラン&ウォーク・ロングコース試走

朝4時大雨ですが天気を調べるとなんとか回復しそうなので出発しました。
雨が降っていたのは自宅の周辺だけの様子で、6時にコイコイアイランド着。
スイカアイスさんもう着てました。山が好きさん・ミルクさん・おがっちゃんと無事到着!!
雨が降りそうなのに、昨日のレースで疲れてるのにみなさんご一緒できてかんしゃです!
こいコイランドの方が猪が多いとおっしゃってましたのでちょっとびびる。駐車場で仕度していると、レーススタッフのココアさんが取りたての山栗をお土産に登場してくれました!!これには感激です!ココアさんの愛犬ココアをいじくってから出発。
P1020885r_small_2_2  町中のコース2.7キロをカットして銀行横を曲がってすぐに檄坂、今日は歩きなので余裕でしゃべりながらです。
P1020886_small 猪除けの電気柵を跨いでコースに入る、誰か触ってみてくれないかなと期待していたのですが、本日のメンバーには猪勝りの人はいなかったらしい(笑い)
P1020887_small このちょと先からトレールが始まります、ふかふかです、気温が低いので前回に比べるの楽です、桐の城山までの登りが難関と知っているリバーサイド翁は無理せずにペースを保つ、それと早めのエネルギー補給をこころがける。
P1020890_small P1020891_small_2 P1020893_small P1020892_small 何回かピークを我慢です、若御子山北P1020894_small 峰、石尊山などの案内板を見ながらロープに掴まりながら桐の城山への登り口までくれば一安心此処で桐の城からはなれ西御荷鉾ほうめんへ(この辺りは滑り止めつき手袋は必需品ですよ)、2回ほど登りをがんばると鳥居です、ひとまず登りは終わりです。P1020895_small P1020896_small 視野がちょっと開け御荷鉾高原荘が見えます。P1020897_small_2                          P1020898_small P1020899_small ここからは走り所ですが抑える。林道を行き西御荷鉾からの下山口で草木湖マラソンお疲れ組みは管理棟へ向かいました。P1020900_small    P1020901_small 三人で登る、頂上は雲で何も見えない、下りは軽く走ってみたら、直角カーブで止まれないー!と言った直後に後ろのおがっちゃんずっこけ、大事に至らず下る、50分で西御荷鉾から下山して、さきほど二人と別れた所に出ます。P1020902_small                     林道とトレールを出たり入ったりして塩沢峠に、西御荷鉾からは走れますよ軽いアップダウンで気持ちのいいトレールです、が歩く。
P1020904_small ダラダラと林道を歩くと管理棟です、上着を着たスイカアイスさんとミルクさんです、寒いそうです!40分待っていたらすっかり汗冷えですかね、ミルクさんの上着は渋い!!と思ったら管理棟のおじさんの作業服でした。
此処で昼食、管理棟のおじさんがインスタントコーヒーを出してくれました、これが暖かくて美味かった!!ありがとうございます。
その後僕も寒くなりました、そんなんでそろそろいきます。標高1400メートルで霧が巻いてると寒いですね。
P1020905_small少し登るとなんとか赤久縄山が見えました。赤久縄への稜線を歩きミドルコースとの合流点でミルクさん&おがっちゃん組が下山です、女性二人だけで森林の中へ消えていきました、逞しいかたですね、でも誤解されるといけないから言っておきますが逞しいのは精神面のことですからね・・
P1020907_small P1020908_small ここからはオジサン三人です!!     P1020909_small 林道へ降り20キロの看板をみて、赤久縄登山口を今日は登らないよと過ぎ、またトレイルへ笹の道やふかふかです。P1020910_small        P1020911_small 1467メートルのピークを越えてきました。P1020912_small P1020913_small また林道です。晴れていれば絶景ポイントかも?山が好きさんによれば両神山が見えるかもとの事。P1020914_small                                          

 しばらく行くとまたトレイルへP1020915_small 杖植峠への登りです。林道で楽をしてしまったので登りが辛いです、桐の城や西御荷鉾ののぼりに比べると楽なのにね。P1020916_small              P1020917_small 白髪山/1521メートルがピークみたいで此処がこのコースでの最高点ですかね、実際の杖植峠は通らないようですね。
P1020918_smallP1020919_small  すぐにラスト15キロで、この後激下りです、400メートルぐらいをいっきにおります、太ももが常に緊張状態です。白髪山辺りからだと500メートル位下ることになる。P1020920_small         P1020921_small 途中(上御層僧)(下御僧)という石積みを見ながらひたすら下ります。よく見なかったけど平将門伝説に関係あるらしい。P1020923_small    途中落ち葉の下の小枝を踏んでヒヤッとする。やっと林道に出ました。靴下がチクチクします、フカフカトレイルのために枯れ葉のカスなどで靴下がまだら模様でかゆい、靴の上にかぶせるあのスパッツのようなの付けた方がいいナーと思う。
P1020924_smallそばの花が咲いてます、エイドで出される蕎麦かな?P1020926_small                       P1020929_small舗装された林道を行くと持倉集落です、民家の縁側と道路がくっついたお宅で話を伺うと当日は縁側で休ませてくれるとのこと。
杖植からの激下りとその後ののんびりとした舗装された道路のせいでもう終了モードになりかけます。当日はここで評判の持倉エイドで接待受けたら走り直すの大変かな。P1020930_small                        持P1020931_small倉集落を過ぎると1キロ程大きな砕石の道を登りラス10キロの看板があり、P1020935_small 持倉から3キロでピークです。安取峠へ急斜面につけられた道を行く、ここもやわらかい土です。P1020936_small                        P1020937_small 見下ろして写真を撮ってますかなりの斜度です。P1020938_small                            P1020939_small 安取峠で林道に出ました。P1020940_small            P1020942_small すぐに白石山登山口からトレイルへ、万場へ5.7キロと書いてあります。                                                 

                                         

P1020943_small_2 P1020944_small_2 軽く上りながら白石山をまいて高塩峠をとおり緩やかなアップダウンを繰りかえす、さっき5.7キロと書いてあったのにいつまでたってもラスト5キロの看板がない、行けども行けども無いですね。P1020945_small                大きなカエルを踏みそうになって心拍急上昇。P1020946_small                           やっとあったけど、そうするとあと700メートルじゃなさそう、あの案内板の5.7キロ表示変じゃないかなと思う。スタッフココアさんよりジョグノートに書き込みがあり、あれは尾根を行くコースの距離なのでトレイルレースは巻いていくので2キロほど長くなるとの事でした。                                          ずっと下りと思いきや、また直線で登るような登りがこれが千軒山か、そのあとトラロープが続く急な下り、手の平のゴムが溶けそうです、この下りも長くて急でひたすら下ったな~、大きな鳥居をくぐって町中へ、どっと足が疲れてきます、ポトポト歩いて国道へ出てゴールです。4時位です。6時半頃から9時間半ぐらいですか、ほとんど歩きでゆっくりだったけどさすがに疲れた~すぐにサンダルに履き替えて駐車場下の清流でアイシング、気持ちいいです、今日を振り返りながら、足を揉んで我が足をねぎらいました。十分にアイシングして足のダメージもあまり無いみたいです、歩幅を小さくしていたおかげかな。
山が好きさん、スイカアイスさん、ミルクさん、おがっちゃん楽しかったね!!機会があったらまた行きましょう。
スイカアイスさん、ミルクさんレース直後なのに本当にありがとうね。
前回の試走で失った自信を取り戻せた気がします。涼しさもあるし、ゆくりいっても歩き続ければ完走できますよ!なんかロングトレイルは人生みたいだな。
しかし
この後、桜山温泉に行こうと思ったのですがアイシング終えて駐車場に戻ると事件発生!!でそれは無くなったのであった~人生何があるかわからんぞー

« 第13回群馬サイクルミーティング | トップページ | 神流マウンテンラン全コース試走 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1356412/36882131

この記事へのトラックバック一覧です: 神流マウンテンラン&ウォーク・ロングコース試走:

« 第13回群馬サイクルミーティング | トップページ | 神流マウンテンラン全コース試走 »