リバーサイド翁のジョグノート

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2010年6月20日 - 2010年6月26日 | トップページ | 2010年7月18日 - 2010年7月24日 »

赤久縄山へチャレンジ

7/11(日) 藤岡市の最高峰・赤久縄山(1522m) へ自転車でヒルクライム&登山の目論見でトライしました。

あわよくば、神流マウンテン&ウォークの下見もなんて考えてましたが、天候とあまりの強行軍の為の疲労で、下見と山頂へのアタックはできませんでしたが、一応記録を残します。

写真をクリックするといくらか見やすいです。

Photo_4

Photo_5

7時ごろスタート。午後から天気が崩れるとの予報の為5時に出るはずが寝坊でした。そのため何かとドタバタで。

7:38 もうすぐ八塩です。

Ca3g0001

7:47 こんな感じに息子の後ろに入って空気抵抗を減らして体力温存、かなり楽になりますよ、今日は長旅ですからね後半に足を引っ張らないようにしないといけませんからね。

Ca3g0002 

このあとすぐに(ゆっくり走ろう会)の一団とすれちがいました。庚申山への帰路ですかね。

鬼石を過ぎてからは勾配が急でかなりきつかったです。道路がダムの上まで上がる為に高度が急に上がる為かな。

8:02 下久保ダムが見えてきました。結構な量の放水です。止まって写真を撮りたいところですが息子に遅れないように必死の為走りながらで残念です。

Ca3g0003

8:11 ダムの入り口で息子が待っていてくれたので、休憩。カロリーメイトを食べて水を飲む程度ですぐ出発、苦し紛れにカーブミラーの写真です。

Photo_2

ダムを過ぎてからは高度を稼いであるので万場まではわずかのアップダウンでわりと楽でした。

8:50 スタートから1時間50分40キロの走行で私としてはもう疲れはかなりです。万場で水の補給の為商店による。おばあちゃんが話好きです。8:57先に見える曲がり角から塩沢へ向かいます。いよいよ本格的な登りです。

Ca3g0006

9:18 小さなかわいらしいダムがありました、塩沢ダムらしい、万場の水源らしいです。今回も息子が先に行ってるので走りながらで残念です。レースの時は向こうの山の稜線上をダムの下方向に走ってゴールまで数キロのところでしょう。

Ca3g0007

9:57 標高814m 神流マウンテンランの案内板です、ここはロングの人は通らないですね。去年のレースの時のものですかね、あまり傷んでいません。 

Ca3g0008

10:22 標高1011m 標高が1000mを越したのでパチリ。

Photo_3

Photo

写真の青い数字が下に出てくる写真の位置です。

10:32 オドケ山からの合流点の塩沢峠です、息子が待ちくたびれてます。レースではラスト25km地点ですね。 ここからはレースのロングとしばらく同じルートになりますね。

1Ca3g0010

10:41 登山道への分かれ道。マウンテンランの看板のおかげで助かりますね。

1Ca3g0011

10:46

2Ca3g0012

一般道から林道への入り口です、100メートルも行くと砂利道になりますよ。ロードバイクのタイヤでは心配ですが。

3Ca3g0013

10:57 こんな道しるべがかなり有ります、去年のレースの時のものなのか?あまり傷んでいませんが。

4Photo

4Ca3g0015

11:13 森林公園管理所です。レースの日は第一関門&エイドになるはず。 

5Ca3g0016

監理棟から左へ来て50メートルで山の中へ入って行くところです。赤久縄山へもうすぐですが、今の季節は草が多くて立ち入るのがちょっと怖いですね。当初の予定では、この辺で靴を履き替えて頂上へランニングでしたが、リバーサイド翁さんは今回はここまでにします。もう体力&天気がやばいですので。あと標高差200m弱で赤久縄山山頂なのに残念です!!

『藤岡市の最高峰を舐めたらいかんぜよ!』と山の神に言われた気がします。

5Ca3g0018

こんな花が咲いてました。もっと群生していてきれいな所もあったのですが、写真が撮れなくて。

3Ca3g0019

この後は日野方面へ下りました。下りはものすごいスピードと霧雨で寒いので上下レインスーツを着てしのぎました。こちらのコースは12kmぐらい距離が短いのと下りの為2時間弱で家に帰れました。 結局雨にはほとんど濡れずにすみました。  92km  6時間13分の長旅でした。 頂上まで行きたかったです。 

« 2010年6月20日 - 2010年6月26日 | トップページ | 2010年7月18日 - 2010年7月24日 »