リバーサイド翁のジョグノート

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 北丹へ2回目の試走 | トップページ | まえばし赤城山ヒルクライムレース »

第13回北丹沢12時間山岳耐久レース

レース前日

午後4時に家を出たが、睡魔に襲われパーキングで仮眠・花園手前で事故渋滞、などどんどん時間が過ぎ、結局相模湖インター着7時。すぐにセブンイレブンがあるけど、国道20号だし、神奈川県だからちょっと行けば気の利いたスパーがあるだろうと進むが、ガビーン!!なんもねえ~上野原インターまで行ってしまった、あわてて相模湖インター近くのセブンに戻る。
時間もかなり押してるから癒しの湯での食事もだめかもしれないので、ラーメン屋さんに入り、もやしラーメン注文したら、なんとこれが(あんかけ)ガビーン!!急いでるのになかなか冷めず食べられない!必死に食べるが滝汗、こんなことやってるうちにとんでもない駐車場しかなくなるんじゃないのかと焦る。
結局8時20に到着。まんもさん情報で第一駐車場にまだ停められるとのことで、まずは駐車場確保と進入。満車と思っていた駐車場はかなり広くサッカーコートぐらいか、かなり空いてます、あんまり焦るんじゃなかった。
風呂は8時半受付、9時終了なので諦める。すぐにたかやん、まんもさんの居る集まりに合流、まりばさん・けらっちさん・ともさん・名前をお聞きしたけどやっぱり忘れてしまった数名の方々に混ぜてもらい楽しく酒!!実行委員の陣馬山山頂信玄茶屋の小池様が立ち寄ってくれて北丹レースのいろいろなお話がお聞きできてとっても参考になりました。
11時頃網戸にして寝る、興奮してたりで少し寝つきが悪かったけど割とよく眠れた。車中泊正解。

レース当日
4時過ぎ起床。キャンプ場だから水場もトイレあって便利。もう明るい、カセットコンロでご飯を温め、インスタントみそ汁、納豆。食後にコーヒーを飲み支度。会場隣接の第一駐車場ならではの余裕かな
P1040650

P1040651 P1040652
受付をしに本部へ向かうと、シャッタを押してくださいと言われた方が黒うさぎさんじゃないですか!!いつも顔出てるからすぐ判りました。ジャムさんにも会えた。でもやはりレース前は忙しくて、あっという間に6時過ぎ、6時半スタート組を見送るためにあわててスタート地点に向かうととんでもない人数です。2車線の道いっぱいに150メートルくらいびっしり、誰が何処にいるのやら、たかやんとバンタムさん!!一緒に前から1/3のところで元気にスタンバッてます。リキさんは並ぶとこが無いと焦ってる
P1040656 ほどなく招待選手が最前列に、P1040657 マロンさんも来た~!!太鼓がなり響き、盛り上がる。有名な福田六花さん女将さんなども初めてお見受けする。

見送ったその位置で並んだので3列目くらいラッキーです。
まんもさんのお友達の西やんさんと一緒にスタートを待つDsc00952
天気予報外れでおひさまギラギラです、暑さとの戦いだなと思う。
7:00スタート!!出口からの坂がきつい、渋滞回避に走りたいけどそうは走れないよな。じりじり抜かれるけどさすがの前列スタートの貯金で何とか最初の登山道は流れて通過、プレッシャーは嫌なので背後に人が来るとすぐに譲ってマイペースで、でもそんなには抜く人もいない。
すでに滝汗、分岐からしばらく下ると、10人ほどの団子でつまり気味、前の集団が見えないくらい空いている。先頭は手に2リットルくらいのジャグを持って走りずらそうに下ってる、そんな物を手に持って下れるわけねーだろ道を譲りなよと思うが一向にKYなので、最後尾から『白いソックスの先頭の人~道を譲ってください!!』と声を出してみたらさすがに譲ってくれた。少々後味悪かったけど、僕なら絶対譲る場面だから後悔はしていない。
長いロードだ、西やんさんが先に行く、僕は抜かれまくったけど後半の姫次からの丹沢主脈などの下りを脚を残し気持ちよく走り抜けるために抑えて抑えていく。タイムスクープハンターでみた遠足の武士のなんば走りのように二本の重心を意識して。
8:32 スタートして1時間半、トンネルの向こうは第一給水所:立石建設だ!!
頭から水を被りたい!!waveP1040663
第一給水所で水をかぶり何杯も飲みハイドレに給水し塩をもらい鐘撞山にかかる。前後はほとんど入れ替わらず自然と会話できていい雰囲気で行く。たしょう声を掛け合って抜いたり抜かれたり。ずっと後ろから来る人に前に行きますかと聞くと、いいペースで引っ張ってもらってるからいいですよとの答えに気を良くする。聞くと最初の登りで手をついたら何かが刺さり出血中、時々血を吸って停めてるというPhoto
この先ロープでの登りがあるので手を使うのが心配と言う。手袋は持ってこなかったと残念がっていた、翁は指ぬきの滑り止め軍手を持っていたので差し上げた。暑くて手袋できないからいいや。
鐘撞山手前で渋滞、風がありとってもいい休憩になった、今日はもしかすると最高のコンディションかもしれない。鐘は皆ほとんど叩かない翁もそんな余裕なし。神ノ川ヒュッテ分岐手前でまた渋滞。分岐でちょっと休み下り始める。西やんさんがいた。手袋の人がいた。快調に抜きまくって10:22(3時間22分)第一関門神ノ川ヒュッテ!!しーちゃんがこんなところでも応援してくれてるP1040671
水だ水だ!!水をかぶり大量に水を飲んだ後でバナナと塩キュウリを発見、水腹であんまり食べられず残念、気づくのが遅かった。トイレを済ましさあ第二関門へ向かおう、休みはその後だ!!
ヒュッテからはすぐ登り、歩きだす、しーちゃんが見送ってくれた。コスプレ美女からありがたいエイド、必要以上に元気になるheart02Dsc01042 日影沢源頭、分岐を過ぎ、トンネル目指して歩いたり走ったり、ここは走るとこだろうけど辛い。
トンネルにはビールの着ぐるみの美女!!ビールですか?と聞くとゴールしたらですだって。こんなとこで酒飲んで完走できるほど強いやつじゃないですね。
しばらく落石ごろごろの舗装道路が続く、ここで㊙作戦、靴の中が水をかぶったのと汗でウエットなので靴擦れになるかも前回の教訓から、今回は薄い靴下にしてあるけどそれでも濡れてる。靴を脱ぐのです!!そして靴下で走るのです、手にトレランシューズを持ち焼けたアスファルトをペタペタ走る、日ごろの裸足ランあっての作戦です。1キロも走ると靴下乾く。さあ靴を履いてごろごろ石の林道を走る、作戦成功かな大分快適に走れた。笠懸出身の一回り若い人とペースが合いずっと話しながら行く、いい道ずれのおかげでダレルことなく走れた。試走の時より15分くらい遅れて(12:15/5時間15分)第二関門到着。
本当にホッとしました。一人2枚のレモンスライスをもらい、水を浴び、塩をなめ、何杯も水を飲み、また頭から水をかけてもらい、また水を飲むを繰り替えしました。水が美味い!これって暑いからか、丹沢の水が美味いのか、はっきりしませんが走っていて思ったのは沢が多いですね。滝も多かった。割と海に近いので海からの湿った風で降水量が多いのかな?と思いました。
第二関門はこの給水所のではなくここから50m先なんですね、ぎりぎりに来たら給水とかどうするんでしょうね気になるな。
生き返った心地で関門を通過する。P1040673 階段や橋の上で大勢の人が休んでる。みんな何とかここまで必死に来たんだなと思う、ここで休んで長ーい登りに備えてるんだなと思うとみんなに頑張ろうって言いたくなる。
元気に行くぞ!!と一人で叫んで姫次への登りにとっかかるも最初の100m位だけPhoto 、さっきの天国のような給水所の大きな声が聞こえてくる、今ならまだ戻れるよと思う、実際戻っていく人も数人居た、とにかく苦しいです、もう自分とのレースです。とにかくマイペースが大事と後ろに付かれるとすぐ譲るしかしその人もまた譲ってくれるなんてことを延々と繰り返す、皆苦しんだろうな、ここではほとんど会話を聞かない。
しばらく登っては休む、多分10分も間隔は無いと思うけどすぐに休みながらなんとか登る、もう食料があと塩熱飴が数個しかない、やばい気がする、そんな不安があるのに風巻の頭にすら着かない、長い長すぎる、一歩一歩やっと登りようやっと風巻の頭、おおよそ登りの半分か~、少し下って袖平山へのまた登りいつまでたっても登り、最後の飴を食べ終わったころようやくがけ崩れの場所、頭の中は食べ物の事だけ、唯一残っているのはエンライテン、蓋を開けたら水で湿ってゼリー状の物質に変身していたけど食べる、しょっぱくない練梅みたいだ。
がけ崩れの頂上のほうで大きな声で応援してくれてる人がいる、きっとあの人がなんか食べ物くれると信じてがけ崩れを巻いて登る、ハンガーノックが起き始めてるクラクラする、やばいです本当にやめたほうがいんじゃないかと思う。
食べ物以外の事を考える、そういえば昨夜小池さんががけ崩れの所のルート変更するのも許可を取るのが大変だったんだよという話をおもいだす。しかしすごいがけ崩れ後だよな。
頂上応援の女性は丸腰で食料は無さそう、我ながら笑ってしまう発想である。そういえばネットで去年はこの先に私設エイドがあったらしいということを思うが、今年もあるかは疑問、それが無かったら棄権と決心して最後の力を振り絞る。袖平が見えてきた。あっ!何やら人だかり、わお!!私設エイドだ!!ありがとうございます。ありがたくありがたくしかし大量にいただく、すみませんと言いながら食べるひたすら食べる、いっぱい食べてくださいのお言葉通りに食べる、レーズン!うんこれを食べれば足がつらないだろう。かりんとう・クラッカー・ごませんべい・バナナチップス・お漬物数種類・おこし・カステラ。ずっといるんですこの親父!!そんなで元気が出てきました。麦酒倶楽部さんとう人達らしい。本当にありがとうございました。いくらお礼を言っても言い足りない気持ちで姫次へ向かう、すぐと言われたけどまた少し登り、やっぱし甘くない。ほどなく姫次。やっと着いた。ここでは給水があった。塩と水をいただく。ハイドレには半分くらいに入れてくれた、もうゴールまで一気に下りだからという気遣いからです。
最高地点だけどやっと来た最上のトレイルの下りを前に景色を見るより早く走りたい気持ちでいっぱい。脚はかなり残っている、
早く走りたい気持ちと、麦酒倶楽部さんエイドの食料がエネルギーに変わり始めてるので元気いっぱいです。
さあ!あと10キロ!!駆け抜けらせそうな気がするぞ!給水所の人に大きくお礼を言ってスタート。どんどん抜く、途中から同じペースの人と引き合うようになって一緒にどんどん下る。第二関門まで一緒っだった人がいた、たぶん黒うさぎさんもいた、先行していたんですね速いなとおもう。
丹沢主脈の気持ちのいい下りから、平丸分岐からの急な下りになっても、試走の時のようなつま先の痛みはない、やっぱり飛ばす、完全にランナーズハイになりました。ただひたすら抜く、不思議なくらい抜ける、目に入った人は全部抜く感じです。登山道入り口からとびだすと急なコンクリートのロード、こういう道はブレーキが利かなくて苦手なのでスピードダウン。ゴール手前のトレイルに入り、キャンプ場に出て、あと300m,JAMさんのしゃしんもらいました、A538afe60c07a48d5cab042e4590bd7f 全速力です、リキさんが走り寄ってくれてハイタッチ!!ここから3人くらい抜いて最後に急カーブしてゴールの計測器の所で一人抜いてゴール!!
走り切れた!!最後まで走れた、 途中の登りは全然だめだったけど、最後は気持ち良かったDsc01068_2
たったこれだけでいいです最高です!!
しばらくゴールを見てました、どんどんゴールしてくる人たち、ふらふらの人も、涙が止まらない人も、わかるわかるその気持ち、こんなに他人のゴールを喜べるなんて、とっても幸せになれました。
とにかくありがとう!!
でももう出ないと思います、きつ過ぎます、無事なうちに止めないとこんなこといつまでもできないと思いました。。

結果 8時間3◎分◎×秒 総合順位   85◎位/1286完走

                 種目別順位  10◎位/168人

Photo

« 北丹へ2回目の試走 | トップページ | まえばし赤城山ヒルクライムレース »

コメント

北丹おつかれさまでした。
読んでいて最後ウルウルしちゃいました。(T-T)
これからも長距離やキツイレースを頑張って下さい。
応援してます!

翁さん

笠懸出身一回り歳下の栗原です。先日はお疲れ様でした。下りでご一緒できて楽しかったですし、苦しさも半減しました。ありがとうございました。

ブログみていたらニアミスしてます(笑)ハセツネ30チャリティの奥宮さんが小高い丘の写真がありますが赤いジャンバーにストックさしているの…あれ僕です。

ハセツネ試走する時あれば一声掛けてください。ご一緒しましょう(僕が脚引っ張るのミエミエですが…)

くりさん!
お世話になりました。イヤーよく来てくれましたね。ありがとう。
くりさんのおかげで、第二関門までだれずに行けて感謝してますよ。
しかしいい苗字じゃないですか、ゼッケン4の方と一緒ですね。
居ましたね!!正面の写真もあるでしょ?こんとき知り合いだったらよかったね。
ハセツネ&神流 と試走&その他諸々よろしくお願いします。

マサヒロ?さん!!
ありがとう。応援?何を言ってるんですか、次はマサヒロ?さんの番ですよ。スーパーロングでのネタ満載ブログ期待してますからね。
スパーロング試走お付き合いしますよ!!!

オッキーニャー
やっぱレース完走すぐ書いた日記は迫力だ~。
過酷なレースですね。ウルウル...。
橋にずらりと座って休憩?放心?してるとこは衝撃的だね。

ほんとにお疲れ様でした。
で、今も筋肉痛なのね?

ホイホイ!ミルクさんありがとう!!
第二関門までが厳しいですからね、あそこから先はゆっくり行って楽しんでくださいという感じかな~でもね楽しむにはきつすぎるんですよね。今金曜日ですがまだ不自由です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1356412/40688872

この記事へのトラックバック一覧です: 第13回北丹沢12時間山岳耐久レース:

« 北丹へ2回目の試走 | トップページ | まえばし赤城山ヒルクライムレース »