リバーサイド翁のジョグノート

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 仙人ヶ岳でゆるっとトレラン | トップページ

谷川馬蹄形縦走2回目2012/7/16

何とも去年の10月30日以来の更新だ。2012年7月16日に谷川岳馬蹄形を縦走してきました。
4:45スタート~17:4帰還 帰ってこれてよかった!!
3時に入山する予定が、目が覚めたのが3時10分!!どひゃ!!雨雲レーダーには雲なし、ここ何日か天気が悪かったので累積気温を低いだろうから雷雲の発生もないとみて行くこと決定。(二㍑の水&凍らせたエナジーアクエリアス500ml×4)(梅おにぎり4個)(塩飴・スポーツ羊羹・ヴェスパハイパー・レモンピール・その他)怒涛の支度で明るくなってしまった4時45分に土合口駐車場より入山。あの真っ暗な山の中へ一人で入る恐怖が無くて内心嬉しい。
ライト無しのため速いのはいいが樹林帯の中は湿度がすごい、数分で滝汗!!今日は白毛門で帰っても許されるだろうと決心。
あの大きな岩場の上から遠望すると、富士山が見えた!
榛名の山塊の上にポチッと!!
Ca3g00371

Photo_2


元気いただきました、頑張れニッポン!!ここまで来ると吹く風が気持ちいい!!とりあえず清水まで行くかと気が変わる。
この後にも何回か大きな気持ちの変化があるけど、気持ち次第でまったく体の動きって変わりますね。
気持ちいい風に助けられて、ひたすら歩く、高い山容を前にあせると疲れますね無心に歩く、そうすると登れますよね、ハセツネで身に付いた教訓かな、でも、もうレースは無理だななんて考えながらひたすら歩く。
白毛門6:48オニギリ1個.
Ca3g0036


笠ヶ岳7:39.朝日岳の方を向いてパチリ、残念ながら朝日岳の頂上はもう少し左にあります。
Ca3g0038


朝日岳8:26オニギリ1個.中学生と高校生のパーティーがいたので撮ってもらう。
Ca3g0039

ジャンクションピークのあたりはピンクや白のシャクナゲの大きな花束がきれいでした。シャクナゲの後ろの山はあとで調べたら、大烏帽子山というらしい。8:49
Ca3g0044


この後転倒してそのために恐ろしいことが起こるが知る由も無し。
9:41に清水峠!!立ち止まると心が揺れるので、一気に馬蹄後半に突入!時間確認のために小屋前から谷川岳方面を適当に撮る


Ca3g0045_2


何やらザックから水が出てる、ズボンを伝って靴の中が濡れる、凍ったスポドリのボトルが汗かいてるんだろうと思っていた。しかし突然水が出ない、2㍑のペットボトルに穴が!!!残るはスポドリのみ、蓬ヒュッテで補給すれば何とかなるだろう。

10:7七つ小屋山から蓬峠への稜線脇の雪。
Ca3g0046


11:00頃蓬ヒュッテ到着。白毛門、笠ヶ岳、朝日岳が見える。

Ca3g0048


蓬でアクエリ2本買えてよかった。しかし、500のボトルのハイドレはすぐに終わるので面倒。おにぎり1個。
この辺の稜線はお花畑のようでした、そして風が最高に気持ちいい、登りも次の武能までは無いので楽しい所ですね。
しかし武能岳が立ちはだかる、次の茂倉岳を想えば頑張らなくては!!ここまでは無心に登れた。なんとかのぼり武能着11:52
Ca3g0051


午前中にここまでこれた、しかしこの登りで心が折れてきた、それと武能と茂倉の下りはかなり歩きづらくて嫌いな道だ。何やら心がヤバイ、武能の嫌な下りが終わり、武能の倍以上はあるだろう茂倉の登りは参った・・・ここ登ったら避難小屋でビバークしようとか、動けないって言ってらヘリで運んでもらえるかな?本当に大人げない考えが次々と浮かぶ、おまけにガスって心細い。下山中の人がこれから茂倉の先行けるの?なんて心配してくれたりして、ますます、気力なし。最高に遅いスピードで茂倉に着いた13:10茂倉着。
Ca3g0052


そんなに遅い時間帯ではないのに、この心の折れよう。しばし休息、ここで最後のオニギリ、ヴぇスパ注入。ものすごい大きなザックを担いだ年配の女性が来たので蓬ヒュッテまでの道を説明、この荷物で下り基調とはいえ大変だなと心配する、そうこうしているうちに何やら元気になってきた、次の一ノ倉岳はほんの数分だ、そこまで行けばあとはオキノ耳。

オキの耳の手前に浅間神社の奥ノ院というところがあった、なにやらパワーを感じますね。
Ca3g0053


トマの耳で終わりだ!!
14:22オキの耳。
Ca3g0055


人が多い。トマにも沢山の人がいる。
肩の小屋付近からこれから下る西黒尾根を見る。
Ca3g0057


真ん中あたりにかすかに土合の駐車場が見える、あんな方まで下りが続くのにこの足が耐えられるかな?
尾根の入り口は雪で埋まっている、一掴みしてうなじにあてると痛いくらい冷たい、きれいな所を掘り出して口に含むと幸せ!!
西黒尾根は岩がすべる、ガレ場が続く、長い!!馬蹄を走り終えた足にはきついきつすぎる!!
5時を回って駐車場に戻れた、正直ほっとした
Ca3g0058

20127_2
2012716_2














« 仙人ヶ岳でゆるっとトレラン | トップページ

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1356412/46467251

この記事へのトラックバック一覧です: 谷川馬蹄形縦走2回目2012/7/16:

« 仙人ヶ岳でゆるっとトレラン | トップページ